« 生徒へのわいせつな内容を含む多数のメール送信等の理由による教員(担任)の免職処分(否定) | トップページ | 国際裁判管轄についての民訴法3条の9の「特別の事情」が肯定された事例 »

2016年8月15日 (月)

「革新的なアイデアを活かす」

最ものろまな会社でも、通常、活用され得るよりも、より多くの良いアイデアがある。問題は健全な新たな製品やサービスの極めて高い失敗率である。過去の幼児の死亡率のように、新たな製品やサービスの失敗率は不要である。それは、すみやかに多額のお金を費やすことなく下げることができる。その多くは、単に企業家的戦略を無視した結果である。正しい企業家的戦略には高い成功のチャンスがある。

市場リーダーシップを狙う4つの企業家的戦略がある。①「まっ先に最良の装備で」②「いないところを攻撃する」③専門の「生態学的ニッチ」を見つけて押さえる、④製品、市場又は産業の経済的特性を変える。これらの4つの戦略は相互に排他的ではない。企業家はしばしば2つ、時には3つの要素を、1つの戦略において結びつける。これらの4つのそれぞれは必要条件をもつ。それぞれは、ある種のイノベーションと調和し、他とは調和しない。それぞれは企業家の側に特定の行動を要求する。最後にそれぞれは限界をもちリスクを負う。

ソース:The Daily Drucker 16 August.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 生徒へのわいせつな内容を含む多数のメール送信等の理由による教員(担任)の免職処分(否定) | トップページ | 国際裁判管轄についての民訴法3条の9の「特別の事情」が肯定された事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「革新的なアイデアを活かす」:

« 生徒へのわいせつな内容を含む多数のメール送信等の理由による教員(担任)の免職処分(否定) | トップページ | 国際裁判管轄についての民訴法3条の9の「特別の事情」が肯定された事例 »