« 「生態学的ニッチ:専門市場」 | トップページ | 「イノベーション戦略についての3つのケーススタディー」 »

2016年8月23日 (火)

「ニッチ戦略への脅威」

すべてのニッチ戦略に共通なのは、それらが永遠に続くものでないということである。ニッチにとっての1つの脅威は、特に技術変化により、出し抜かれることである。それは Alcon に起こった。世界的にほぼ独占状態になって15年後、チェコスロバキアの誰かが新たな白内障手術であるインプラントレンズを考案し、そこでは目の筋肉は切除されずに維持された。そして Alcon の解決策は過去のものとなった。

もう1つの脅威は、ニッチがマス市場となる場合である。それはトラベラーズチェックに起こった。第二次大戦前、米国人のヨーロッパ旅行は珍しい例外であった。今、大西洋横断のジェットは、2日で、第二次大戦前に、ヨーロッパと米国の間を、全ての蒸気船が1年に運んだよりも多くの乗客を運ぶ。そして、新たなマス旅行者はクレジットカードを使う。第一次大戦の間に米国で、第二次大戦後にヨーロッパと日本で、自動車産業がマス市場となった時、コストカットへの強烈なプレッシャーは、専門スキルに依拠するニッチサプライヤーであることがニッチの利益を生み出すことをやめたことを意味した。これらのプレイヤーに、自動車会社がコスト削減のため、大きなプレッシャーをかける。彼らは、屈するしかない。

あなたの製品、プロセス及びサービスの、陳腐化の脅威を評価する。あなたの企業の製品とサービスへの不可避の脅威を相殺するイノベーションの体系的プログラムを維持する。

ソース:The Daily Drucker 24 August.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「生態学的ニッチ:専門市場」 | トップページ | 「イノベーション戦略についての3つのケーススタディー」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ニッチ戦略への脅威」:

« 「生態学的ニッチ:専門市場」 | トップページ | 「イノベーション戦略についての3つのケーススタディー」 »