« 自殺した中学生のいじめに関するアンケートの情報公開条例に基づく情報開示 | トップページ | 「ダイナミックな均衡を保つ」 »

2016年8月29日 (月)

「驚きの中に機会を見る」

全ての驚きは、真剣にとられるべきものである。全体的報告システムは、どちらかと言えば、機会と驚きを無視するが、それを変えることは難しくない。50年前、私の助言者であった友人は大企業で用いられるシステムを発明し、それは非常に成功した。全てのマネジャーは、第一線の管理者に至るまで、毎月「予想外」という主題について報告を書く。正しかったことや間違ったことではなく「予想外」である。そして会議をし「これは我々に何かを語るか」という質問とともに、これらを見る。
ほとんどは何も語らないが、通常3つか4つは意味がある。これにより、ある製薬会社は、ほとんど重要でないコモディティの製造者から世界的リーダーの1つへと成長した。それは、医師が開発の際に想定されていないものに薬物療法を行い、驚くべき結果が出た時のような、臨床的驚きから生じた。成功、特に予想外の成功にフォーカスし、それを発展させなくてはならない。

ソース:The Daily Drucker 30 August.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 自殺した中学生のいじめに関するアンケートの情報公開条例に基づく情報開示 | トップページ | 「ダイナミックな均衡を保つ」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「驚きの中に機会を見る」:

« 自殺した中学生のいじめに関するアンケートの情報公開条例に基づく情報開示 | トップページ | 「ダイナミックな均衡を保つ」 »