« 「視野の狭いイノベーション」 | トップページ | 川崎市ヘイトデモ禁止仮処分命令申立事件決定(不法行為・差止請求権(妨害排除・予防請求権)(肯定)) »

2016年8月 6日 (土)

「社会的イノベーション:研究実験室」

研究実験室(リサーチラボ)は1905年に遡る。それは、最も初期の「研究マネジャー」の1人である、ドイツ系米国人物理学者の Steinmetzによって考案され、GEのためニューヨークのスケネクタディに建設された。Steinmetz は最初から、①意図的な技術的イノベーションのために科学と科学的作業を組織化することと②イノベーションを通じての継続的自己再生を新たな社会現象である大企業に組み込むことという2つの明確な目的を持った

Steinmetz の研究室は、根本的に、研究における科学と技術の関係を再定義した。彼のプロジェクトの目標設定において、Steinmetz は望ましい技術的結果を達成するために必要な新たな理論科学を特定し、必要な新知識を獲得するため、適切で「純粋な」研究を組織した。Steinmetz は元々は理論物理学者であった。しかし、彼の「貢献」の全ては、例えば、数馬力のモーターといった、新たな製品ラインをデザインし開発するプロジェクトの一部として計画し指定した研究の結果であった。Steinmetzラボでは、「純粋な研究」の最も純粋なものを含む科学は、技術に駆り立てられるものであり、技術的目標の手段である。

ソース:The Daily Drucker 7 August.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「視野の狭いイノベーション」 | トップページ | 川崎市ヘイトデモ禁止仮処分命令申立事件決定(不法行為・差止請求権(妨害排除・予防請求権)(肯定)) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「社会的イノベーション:研究実験室」:

« 「視野の狭いイノベーション」 | トップページ | 川崎市ヘイトデモ禁止仮処分命令申立事件決定(不法行為・差止請求権(妨害排除・予防請求権)(肯定)) »