« 刑事施設にいる被告人から交付された上訴取下書と、刑訴法367条の準用する同法366条1項 | トップページ | 自招行為と正当防衛・過剰防衛 »

2016年8月21日 (日)

「生態学的ニッチ:専門スキル戦略」

2番目の生態学的ニッチは、専門スキル戦略である。ここでは、イノベーターが占めるニッチは料金所戦略におけると同じくユニークであるが、それはより大きい傾向がある。例えば、誰もが米国の主要な自動車製造業者を言うことができる。しかし、どれだけの人が、これらの車のブレーキパッド、電子回路やヘッドランプを作る会社を知っているか?これらの広く知られていない会社は生態学的ニッチにおいて専門スキルポジションを占める。新たな産業や市場における非常に早期での高度なスキルの開発はこのポジションを獲得する。一旦市場が成長し始めると、イノベーターは潜在的競争者に対して重要なヘッドスタート(先んじたスタート)を得、標準的供給者となる。

最高の例は、米国の指導的な20世紀の発明者である Charles Ketteringである。Kettering は、その全ての発明で大きな収益性のあるニッチ事業の創造を目指した。彼の最初の、そしておそらく世界で最も収益性のある発明は、専門スキルニッチ市場の創造を狙った。それは、セルフスターターであった。それまで、自動車は手動でクランクを回すことでスタートされなくてはならず、それは大変で危険であった。しかし、自動車産業で最も急速な成長の期間であった約15年間、全ての自動車製造者は、Kettering のセルフスターターを買わなくてはならなかった。それは、自動車のコストに非常に小さい金額、おそらく1~2パーセントであった。しかし、Kettering の利益マージンは500%以上であった。

既存のオペレーションを改善する専門スキルを提供することで、急速に成長するセグメントを開拓する。

ソース:The Daily Drucker 22 August.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 刑事施設にいる被告人から交付された上訴取下書と、刑訴法367条の準用する同法366条1項 | トップページ | 自招行為と正当防衛・過剰防衛 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「生態学的ニッチ:専門スキル戦略」:

« 刑事施設にいる被告人から交付された上訴取下書と、刑訴法367条の準用する同法366条1項 | トップページ | 自招行為と正当防衛・過剰防衛 »