« 国際裁判管轄についての民訴法3条の9の「特別の事情」が肯定された事例 | トップページ | 外国為替証拠金取引(FX取引)への投資勧誘について、勧誘に当たった会社のバーチャルオフィスの総責任者として連絡先になった者及び電話回線の貸与を受けて同社に提供した者の損害賠償責任(肯定) »

2016年8月16日 (火)

「まっ先に最良の装備で」

「まっ先に最良の装備で」は、内戦での地上部隊の一貫した勝利を表すために連合軍の将軍によって用いられた表現である。事業では、それは、イノベーターが、即時の支配でないとしても、リーダーシップを達成するための戦略である。これは、潜在的に最高の見返りがある企業家的戦略であるが、最も危険なものでもある。誤りは許されずセカンドチャンスもない。 結果は、市場と産業のリーダーシップか何もないかのいずれかである。企業家は、最初に正しくなければならず、さもないと失敗する。この戦略で成功する革新者に対し、多くの失敗がある。しかし「まっ先に最良の装備で」の戦略が成功すれば、革新者は莫大な見返りを得る。それは、3M、Procter & Gamble、インテル、マイクロソフト等の巨人の成功と市場リーダーシップの基礎にある戦略である。

しかし、この戦略には特別のリスクがある。最初の成功を達成するため、次の企業家的戦略である「いないところを攻撃する」を実行する者に出し抜かれる。例えば、金融的な支援者や事業経験のない、あの有名なガレージでアップルコンピューターを始めた2人の若いエンジニアは、最初から産業を創り支配することを狙った。しかし、彼らはすぐに、IBMに出し抜かれた。

新たな製品、プロセス又はサービスを開発する時、側面を守ることを憶える。

ソース:The Daily Drucker 17 August.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 国際裁判管轄についての民訴法3条の9の「特別の事情」が肯定された事例 | トップページ | 外国為替証拠金取引(FX取引)への投資勧誘について、勧誘に当たった会社のバーチャルオフィスの総責任者として連絡先になった者及び電話回線の貸与を受けて同社に提供した者の損害賠償責任(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「まっ先に最良の装備で」:

« 国際裁判管轄についての民訴法3条の9の「特別の事情」が肯定された事例 | トップページ | 外国為替証拠金取引(FX取引)への投資勧誘について、勧誘に当たった会社のバーチャルオフィスの総責任者として連絡先になった者及び電話回線の貸与を受けて同社に提供した者の損害賠償責任(肯定) »