« 照応の原則によらない、いわゆる申出換地を定めたことが適法とされた事例 | トップページ | 「間違った大きさであること」 »

2016年7月31日 (日)

「多様性」

古い決まり文句は、今もなお正しいアドバイスである。事業は多様でないほど、管理しやすい。単純は明瞭さを強める。人々は、自分の仕事を理解でき、結果との関係や、全体のパフォーマンスとの関係を見ることができる。努力は集中され得る。期待は定義され得、結果は容易に評価され測定され得る。事業がより複雑でなければ、間違った方向にいくことも少なくなる。事業が複雑になれば、何が悪いかを理解し、正しい矯正的行動をとることはより難しくなる。複雑さは、コミュニケーションの問題を創る。事業が複雑になれば、マネジメントの階層が増え、様式と手続が増え、会議が増え、判断が遅くなる。

多様性が調和し統一され得る方法は2つだけである。
事業と技術、製品と製品ライン、そして活動が「単一の共通の市場」にある場合、事業は高度に多様化しながら、基本的統一性を持ち得る。
事業、市場、製品と製品ライン、そして活動が「共通の技術」においてまとまれば、事業は高度に多様化しながら、基本的統一性を持ち得る。

あなたの事業を検証する。それは集中しているか分散しているか。分散しているなら、統一の基礎として市場か技術を用い、多様性から統一をもたらす計画を作る。

ソース:The Daily Drucker 1 August.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 照応の原則によらない、いわゆる申出換地を定めたことが適法とされた事例 | トップページ | 「間違った大きさであること」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「多様性」:

« 照応の原則によらない、いわゆる申出換地を定めたことが適法とされた事例 | トップページ | 「間違った大きさであること」 »