« 傷害致死で懲役8年(裁判員裁判)⇒暴行罪で罰金20万円(控訴審)に | トップページ | 入れ墨の有無等を尋ねる調査に回答することを義務付ける職務命令と憲法13条、21条、大阪市個人情報保護条例違反(否定) »

2016年7月17日 (日)

「人口統計」

外的変化のなかで、人口統計(人口、その大きさ、年齢構造、構成、雇用、教育状況、収入)は最も明確である。それらは、あいまいでなく、最も予想できる結果で、何が、誰によって、どれだけ購入されるかに重大な影響を与える。

人口統計のシフトは本来予想できないかもしれないが、インパクト前に長いリードタイムがあり、リードタイムは予想できる。特に重要なのは、年齢分布であり、(人口における最大かつ最速に成長する年齢集団を構成するある時点の年齢グループにある)人口比重の中心における最も予測可能な価値変化を伴う。
1960年代の米国では、これは、最も速く成長するグループであるティーンエージャーへのシフトであった。このシフトにより「典型的」行動と考えられていたものに変化が起こった。ティーンエージャーは、もちろん、ティーンエージャーのように行動し続ける。しかし、これは、社会行動の重要な価値の変化としてみられるより、ティーンエージャーの行動方法であるとして広く問題とされなかった。

統計は、出発点にすぎない。外に出て、見聞きしようとする人々にとって、変化する人口統計は高度に生産的で信頼できるイノベーション機会である。

あなたの製品やサービスの市場に影響する人口統計要素は何か?これらの要素について今後5年から10年を予測する。これらはいかなる機会を生み出すか?

ソース:The Daily Drucker 18 July.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 傷害致死で懲役8年(裁判員裁判)⇒暴行罪で罰金20万円(控訴審)に | トップページ | 入れ墨の有無等を尋ねる調査に回答することを義務付ける職務命令と憲法13条、21条、大阪市個人情報保護条例違反(否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人口統計」:

« 傷害致死で懲役8年(裁判員裁判)⇒暴行罪で罰金20万円(控訴審)に | トップページ | 入れ墨の有無等を尋ねる調査に回答することを義務付ける職務命令と憲法13条、21条、大阪市個人情報保護条例違反(否定) »