« 本願発明について、引用発明に周知技術を適用することについては阻害要因がある⇒容易想到性を否定。 | トップページ | 8歳の被害児童Aに対する逮捕監禁被告事件⇒Aの承諾の真意性を否定 »

2016年7月24日 (日)

「マーケティングにおける4つの教え」

21世紀の熾烈な競争のための主要なマーケティングの教えの中で、最も重要なものは「(犠牲を払っての)顧客の獲得は機能しない」ということである。ヒュンダイ Excel の崩壊は見事なマーケティングの失敗であった。車に悪いところはなかった。しかし、会社はそれを大幅に安く売った。その結果、プロモーション、サービス、ディーラー、車自身の改良に再投資する利益がなかった。

いかに市場を定義するかは、2番目の教えである。マーケティングの成功と主要なマーケティングの大失敗の双方の教え:ファクスマシーンによる米国市場の征服である。日本人は「この機械のための市場は何か」とは問わず、「それが行うことの市場は何か」を問うた。そして、フェデックスのような宅配サービスの成長を見た時、即座に、ファクスマシーンの市場が既に確立していることがわかった。

3番目の教えは、マーケティングは我々の顧客ではなく、市場における全ての顧客について出発することである。

4番目の教えは、人口統計の変化をマーケティング機会として利用した、新たな「田舎の」教会の成功のそれである。

ソース:The Daily Drucker 25 July.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 本願発明について、引用発明に周知技術を適用することについては阻害要因がある⇒容易想到性を否定。 | トップページ | 8歳の被害児童Aに対する逮捕監禁被告事件⇒Aの承諾の真意性を否定 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーケティングにおける4つの教え」:

« 本願発明について、引用発明に周知技術を適用することについては阻害要因がある⇒容易想到性を否定。 | トップページ | 8歳の被害児童Aに対する逮捕監禁被告事件⇒Aの承諾の真意性を否定 »