« 大学病院で、脳内に再発した悪性脳腫瘍の治療として大量抗がん剤治療⇒転移先の病院で死亡(過失否定) | トップページ | 「事業想定のシナジー」 »

2016年7月 1日 (金)

「事業の想定の現実性テスト」

①環境、②ミッション、③中核的能力についての想定は、現実に適合しなくてはならない。

英国マンチェスターからの無一文の4人の若者(Simon Marks とその3人の義理の兄弟)は1920年代の初めに平凡な雑貨店は社会変化のエージェントとなるべきだと考えた。

第一次大戦は国の階級構造を揺るがし、(Marks and Spencer の最初の成功した製品カテゴリーであった)ランジェリー、ブラウス、ストッキングといった、品質の良い、スタイリッシュで安い商品の購入者の集団を生み出した。

Marks and Spencer は、組織的に、新たな前例のない中核的能力の開発を行った。それまでは、商人の中核的能力はうまく購入する能力であった。Marks and Spencer は顧客を知るのは製造者ではなく商人であると考えた。そこで、製造者ではなく商人が、製品をデザインし、開発し、そのデザイン、仕様、コストにあった製品を作る生産者を見つけるべきであった。商人のこの新たな定義が進展し、自分達を「製造者」であって「下請け」ではないと見ていた伝統的な供給者に受け入れられるまで5年から8年かかった。

ソース:The Daily Drucker 2 July.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 大学病院で、脳内に再発した悪性脳腫瘍の治療として大量抗がん剤治療⇒転移先の病院で死亡(過失否定) | トップページ | 「事業想定のシナジー」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「事業の想定の現実性テスト」:

« 大学病院で、脳内に再発した悪性脳腫瘍の治療として大量抗がん剤治療⇒転移先の病院で死亡(過失否定) | トップページ | 「事業想定のシナジー」 »