« Yの配当額についてX等が配当異議⇒配当表記載の根抵当権者の配当額に相当する金額が供託⇒その後配当の場合の、当該供託金の充当方法 | トップページ | 非監護親が養育費として負担すべき子の大学学費・通学費の計算 »

2016年7月27日 (水)

「安定した事業におけるコスト管理」

コスト管理において、1オンスの予防は、1ポンドの矯正の価値がある。

我々は、5ポンド減らす方が、最初にそれを加えないより、はるかに大変であると学んだ。1オンスの予防が1ポンドの矯正の価値があることは、コスト管理の場面で最も妥当する。必要なのは、コストが収入と同じ速度で上昇しないよう、そして、逆に、リセッションとなり収入が下がれば、少なくとも、収入と同じ速度で下がるよう、鷹のように監視することである。

このルールに従う1例は、1965年から1995年にかけて、インフレ調整の上、ほとんど8倍の成長を遂げた、世界最大の製薬会社の1つである。 その30年の間に、コスト増加を収入増加の一定割合(10%の収入増加毎に最大6%のコスト増加)に抑えた。5~6年試すことで、下落期間には、収入が下落するのと同じ割合で確実にコストを下げる方法も学んだ。この作業に数年かかったが、今ではこの会社の第2の天性となっている。

ソース:The Daily Drucker 28 July.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« Yの配当額についてX等が配当異議⇒配当表記載の根抵当権者の配当額に相当する金額が供託⇒その後配当の場合の、当該供託金の充当方法 | トップページ | 非監護親が養育費として負担すべき子の大学学費・通学費の計算 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「安定した事業におけるコスト管理」:

« Yの配当額についてX等が配当異議⇒配当表記載の根抵当権者の配当額に相当する金額が供託⇒その後配当の場合の、当該供託金の充当方法 | トップページ | 非監護親が養育費として負担すべき子の大学学費・通学費の計算 »