« 過重労働による精神障害発症による自殺と他の原因との関係 | トップページ | 高齢者の誤嚥による死亡と介護事業者の損害賠償責任(否定) »

2016年7月22日 (金)

「最適な市場地位」

マーケティング目標の基礎をなす主要な判断は市場での地位である。1つの一般的なアプローチは、「我々はリーダーになりたい」である。他は、「売上が上昇する限り、マーケットシェアは気にしない」である。両方とももっともらしく聞こえるが、誤りである。

市場シェアを失うのであれば、会社の売上が上昇しても良くはない、つまり、市場が会社の売上より急速に拡大する場合である。市場の小さなシェアしかもたない会社は、結局、市場でぎりぎりの存在となり、極めて脆弱になる。

独占禁止法がなかったとしても、それを超えることが賢明でない最大の市場的地位もある。市場独占は、リーダーを眠らせ、独占者は、公の抵抗ではなく、自己満足の上でもたつく。市場独占は、イノベーションに対する巨大な内部抵抗をつくり出し、変化への適応を危険なまでに困難にする。市場ではまた、独占的供給者への依存に対するゆるぎない抵抗がある。誰も独占的供給者の言いなりになりたくない。

目指すべき市場での地位は最大ではなく、最適である。これは、顧客、製品やサービス、市場セグメント及び販売チャネルの注意深い分析を必要とする。それは、市場戦略を必要とし、高リスクの判断を必要とする。

ソース:The Daily Drucker 23 July.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 過重労働による精神障害発症による自殺と他の原因との関係 | トップページ | 高齢者の誤嚥による死亡と介護事業者の損害賠償責任(否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「最適な市場地位」:

« 過重労働による精神障害発症による自殺と他の原因との関係 | トップページ | 高齢者の誤嚥による死亡と介護事業者の損害賠償責任(否定) »