« 土地区画整理組合の総代会は清算人を選任することができるとされた事例 | トップページ | 補正命令の期間経過後の抗告提起の手数料納付の場合の効力 »

2016年7月 9日 (土)

「成功を開拓する」

成功する変化の機会は、自らの成功を開拓し、それに依拠する。問題は無視できず、深刻な問題は対応されなくてはならない。しかし、チェンジリーダーになるためには企業は機会に集中しなくてはならない。彼らは問題を餓死させ、機会に栄養を与えなくてはいけない。

これは小さいが基本的な手続的変化を必要とする。月次報告に「最初の頁」を加え、問題を記す頁の前におく。それは、売上であれ、収益であれ、利益であれ、あるいは量であれ、期待以上の結果がでたところに焦点を置く。

チェンジリーダーであることに成功する企業は機会に人を配置する。これをする方法は1頁に機会を列挙し、もう1つの頁に組織の実行できる有能な人員を列挙する。そして、最も有能で実行できる人々を最高の機会に割り当てる。

ソース:The Daily Drucker 10 July.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 土地区画整理組合の総代会は清算人を選任することができるとされた事例 | トップページ | 補正命令の期間経過後の抗告提起の手数料納付の場合の効力 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「成功を開拓する」:

« 土地区画整理組合の総代会は清算人を選任することができるとされた事例 | トップページ | 補正命令の期間経過後の抗告提起の手数料納付の場合の効力 »