« 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律11条1項に基づく原爆症認定申請に対する却下処分の一部が取り消された事例 | トップページ | Yの配当額についてX等が配当異議⇒配当表記載の根抵当権者の配当額に相当する金額が供託⇒その後配当の場合の、当該供託金の充当方法 »

2016年7月26日 (火)

「コストに導かれた値決め」

ほとんどの米国とヨーロッパの会社は、価格を、コストを積み上げ、それに利ざやを上乗せして決める。そして、製品やサービスを導入するとすぐ、価格を下げ始め、莫大な費用をかけて製品を変更し、損失をださなくてはならない。そしてしばしば、誤って値決めされたがために、完全に良い製品やサービスを打ち切らなくてはならない。
彼らの議論は何か?「我々ははコストを回収し利益を出さなくてはならない。」しかし、値決めの唯一の健全な方法は、市場が喜んで支払うであろうものからスタートし、その価格仕様に合わせてデザインすることである。価格からスタートし、コストを削ることは最初により多くの作業を必要とする。しかし、結局は、スタートを誤り、何年も損失を出してコストを合わせるよりも、はるかに少ない作業となる。

価格に導かれた原価計算は米国の発明で100年もの歴史がある。それによって、GEが、発電所における世界的リーダーシップを得たのは20世紀の初めに遡る。GEが、タービンと変圧器を、顧客の電力会社が支払える価格に合わせて設計し始めた時である。それらは、顧客が支払え、喜んで支払う価格から設計され、顧客はそれらを購入でき、購入した。

あなたの値決めの実務を検証する。顧客の現実に従い価格を設定し、その価格で必要な利益が出せるコスト構造を実現するためのチームを作る。

ソース:The Daily Drucker 27 July.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律11条1項に基づく原爆症認定申請に対する却下処分の一部が取り消された事例 | トップページ | Yの配当額についてX等が配当異議⇒配当表記載の根抵当権者の配当額に相当する金額が供託⇒その後配当の場合の、当該供託金の充当方法 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「コストに導かれた値決め」:

« 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律11条1項に基づく原爆症認定申請に対する却下処分の一部が取り消された事例 | トップページ | Yの配当額についてX等が配当異議⇒配当表記載の根抵当権者の配当額に相当する金額が供託⇒その後配当の場合の、当該供託金の充当方法 »