« 車両に傷をつけられたことを理由とする車両保険金請求事件⇒保険金請求者は、損傷が人為的にされたものであることのほか、損傷が被保険者以外の第三者によって行われたという事実を主張立証する責任を負う。 | トップページ | 数次請負契約が偽装請負にあたり違法かが争われた事例 »

2016年7月 3日 (日)

「想定を話合いテストする」

事業の理論は組織の隅々まで知られ理解されなくてはいけない。これは、組織の初期では容易であるが、成功すると、組織はその理論を当たり前のことと考え、意識しなくなる。組織はまとまりがなくなり、近道をするようになる。正しいことではなく、方便を求めるようになる。考えることや疑問をもつことを停止する。答えは憶えていても、問いを忘れる。事業の理論は「文化」になるが、文化は訓練の代わりにはならず、事業の理論は訓練である。

事業の理論は継続的にテストされなくてはならない。それは、石の銘板に彫られるものではない。それは仮説である。それは(社会、市場、顧客、技術といった)絶え間ない変化の中にある事柄についての仮説である。だから、事業の理論には、自らを変える能力が組み込まれなければならない。いくつかの理論は強力で長い間続くが、結局、全ての理論は時代遅れとなり無効となる。それは、GMにもAT&TにもIBMにも起こり、急速に解明されている日本のケイレツにも起こっている。

ソース:The Daily Drucker 4 July.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 車両に傷をつけられたことを理由とする車両保険金請求事件⇒保険金請求者は、損傷が人為的にされたものであることのほか、損傷が被保険者以外の第三者によって行われたという事実を主張立証する責任を負う。 | トップページ | 数次請負契約が偽装請負にあたり違法かが争われた事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「想定を話合いテストする」:

« 車両に傷をつけられたことを理由とする車両保険金請求事件⇒保険金請求者は、損傷が人為的にされたものであることのほか、損傷が被保険者以外の第三者によって行われたという事実を主張立証する責任を負う。 | トップページ | 数次請負契約が偽装請負にあたり違法かが争われた事例 »