« 「事業の想定の現実性テスト」 | トップページ | 自己が所有する自動車の助手席に同乗していた者と自賠法3条の「他人」(否定)・過失相殺60% »

2016年7月 2日 (土)

「事業想定のシナジー」

①環境、②ミッション、③中核的能力についての想定はお互いに調和しなければならない。

Marks and Spencer は、第一次大戦が、ランジェリー、ブラウス、ストッキングといった、品質の良い、スタイリッシュで割安な商品の新たな購入者の集団という新たな環境に導いたことを認識した。

20世紀中ごろまでに、安物のバザールを雑貨店の主要チェーンにした4人の義理の兄弟は、その相当な富に満足できたであろうが、事業のミッションを再考することを決めた。Marks and Spencer の事業は小売ではなく、それは社会的変革であった。Marks and Spencer は、意図的に、そのミッションを、成功する雑貨チェーンから、明確な「専門」マーケターに変えた。

最後に、既存の古いラインの製造者は、事業の仕方を指示しようとする成り上がり者に彼らのロットを投入しようとは思わなかったため、外に出て正しい製造者を探し、しばしばその立ち上げを助けなくてはならず、新たな環境とミッションに求められる中核的能力を開発した。

ソース:The Daily Drucker 3 July.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「事業の想定の現実性テスト」 | トップページ | 自己が所有する自動車の助手席に同乗していた者と自賠法3条の「他人」(否定)・過失相殺60% »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「事業想定のシナジー」:

« 「事業の想定の現実性テスト」 | トップページ | 自己が所有する自動車の助手席に同乗していた者と自賠法3条の「他人」(否定)・過失相殺60% »