« 現行犯逮捕は肯定but被疑者に対する有形力の行使が違法⇒国賠請求肯定 | トップページ | 事業者の労働者(国の機関が直接の指揮命令)の雇用確保についての団体交渉について、国が労組法7条の「使用者」に当たらないとされた事例 »

2016年7月30日 (土)

「コスト管理を恒久的にする」

コスト管理は、コスト削減ではなく、コスト防止である。

 

重要なのは方法ではない。重要なのは、活動のコスト効率はそれが構築される方法に依拠するという理解である。それは、コスト管理が、「コスト削減」ではなく、「コスト防止」であるという前提を受け入れることに大きく依拠する。コスト防止は終わりのない作業である。組織がいかにうまく構築されても、そのコスト効率は繰り返し見直される必要がある。その活動とプロセスは数年ごとに試される必要がある。

 

このプロセスはまた、従業員全体がコスト管理に取組み受入れることを確保する。それを機会として見るべきで、脅威と見るべきではない。コスト管理が「コスト削減」と見られるなら、従業員はそれを仕事への脅威であると見て、そのサポートを拒否する。しかし、コスト管理が「コスト防止」として見られ、実践されるなら、従業員はそれを機会として見て、よりよい保証された仕事のため、コスト管理をサポートする。

 

ソース:The Daily Drucker 31 July.

 

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 現行犯逮捕は肯定but被疑者に対する有形力の行使が違法⇒国賠請求肯定 | トップページ | 事業者の労働者(国の機関が直接の指揮命令)の雇用確保についての団体交渉について、国が労組法7条の「使用者」に当たらないとされた事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「コスト管理を恒久的にする」:

« 現行犯逮捕は肯定but被疑者に対する有形力の行使が違法⇒国賠請求肯定 | トップページ | 事業者の労働者(国の機関が直接の指揮命令)の雇用確保についての団体交渉について、国が労組法7条の「使用者」に当たらないとされた事例 »