« 分割弁済の定めがされており、保全の必要性はないとして、債権者の仮差押命令申立てが却下された事例 | トップページ | 「予想外の成功」 »

2016年7月11日 (月)

「意図的なイノベーション」

意図的なイノベーションはイノベーション機会の7つの源泉の監視を意味する。

最初の4つの源泉は、組織活動内にある。

①予想外・・予想外の成功、予想外の失敗、予想外の外部の出来事
②不調和・・現実と想定されるあるいは「あるべき」事実との不調和
③プロセスニードに基づくイノベーション
④気付かれずに全ての人をとらえる産業構造又は市場構造の変化

残りの3つの源泉は、企業や産業の外での変化に関係する

⑤人口統計(人口変化)
⑥認知、風潮及び意味における変化
⑦新たな知識(科学的と非科学的の双方)

ソース:The Daily Drucker 12 July.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 分割弁済の定めがされており、保全の必要性はないとして、債権者の仮差押命令申立てが却下された事例 | トップページ | 「予想外の成功」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「意図的なイノベーション」:

« 分割弁済の定めがされており、保全の必要性はないとして、債権者の仮差押命令申立てが却下された事例 | トップページ | 「予想外の成功」 »