« 大飯・高浜原発差止仮処分命令申立事件 | トップページ | 「顧客価値を創造する」 »

2016年7月 5日 (火)

「卓越に集中する」

事業の特有の知識の有効な定義は単純に聞こえる。知識分析を上手くするには、実践と規則正しさを必要とする。

最初の分析は、我々の事業は、コミュニケーション、搬送、あるいはエネルギーであるといった、当惑させるほどの一般化となるかも知れない。これらの一般的な用語は、販売員大会のスローガンとなるかもしれないが、営業上の意味に転換すること、つまりそれらで何かをすることは不可能である。しかし、繰り返すことで、我々の事業の知識を定義しようとする試みは容易になり、価値のあるものとなる。「我々の特有の知識は何か」といった質問は、マネジメントに、自らを、客観的、探求的、生産的に見させる。

会社は、多くの知識分野で卓越することはできない。成功する事業は、1つの知識分野で卓越するのに加え、十分多くの知識分野で少なくとも有能である必要がある。しかし、市場が経済的報酬を支払おうとする真の知識を持つには、少数の事柄をすばらしくうまくすることに集中することが必要である。

ソース:The Daily Drucker 6 July.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 大飯・高浜原発差止仮処分命令申立事件 | トップページ | 「顧客価値を創造する」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「卓越に集中する」:

« 大飯・高浜原発差止仮処分命令申立事件 | トップページ | 「顧客価値を創造する」 »