« 「予想外の成功」 | トップページ | 「不調和」 »

2016年7月13日 (水)

「予想外の失敗」

予想外の失敗は、外に出て、見まわし、聞くことを求める。競争相手の予想外の成功や失敗も重要である。失敗は、常に、イノベーション機会の兆候と考えられ、そのようなものとして真剣にとられるべきである。「分析」するだけでなく、外に出て調査する。多くの失敗は、単なる間違いであり、欲、愚かさ、軽率な流行への便乗、あるいは設計か実行での無能の結果である。しかし、慎重に計画・設計され、念入りに実行されたにもかかわらず失敗した場合、それはしばしば、潜在的変化と(それに伴う)機会を示す。

予想外の失敗は、しばしば、顧客の価値と認知の潜在的変化を知らせる。製品、サービス、その設計、市場戦略が基づく想定は、すぐに時代遅れとなり得る。おそらく、顧客はその価値主張を変えた(彼らは、同じものを買いながら、実際には全く異なる価値を購入しているかもしれない)。例えば、エドセル(Edsel) の失敗後、フォードは「所得区分」はもはや自動車産業に妥当せず、顧客にとって重要なのは「ライフスタイル区分」であると判断した。

自分のものでも競争相手のものでも、重要な予想外の失敗を確認する。失敗のあり得る説明を考える。これらの教訓を事業に適用する。

ソース:The Daily Drucker 14 July.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「予想外の成功」 | トップページ | 「不調和」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「予想外の失敗」:

« 「予想外の成功」 | トップページ | 「不調和」 »