« 宅地建物取引業法64条の8第1項の「その取引により生じた債権」への該当性 | トップページ | 「社会的部門」 »

2016年6月27日 (月)

「経済発展と社会目的」

資本家の経済的未来に関する限り、現在資本主義の偉大な老人であるヘンリーフォードは正しい。しかし、フォードは、彼の批評家と同じく、経済的拡大それ自体が目的ではないことを忘れた。それらは、社会目的の手段としてのみ意味がある。それらは、社会目的を達成することを約束する限りにおいて望ましいが、この約束が錯覚であれば、その手段の価値は疑わしくなる。

社会秩序としての、そして信条としての資本主義は、自由で平等な社会における個人の自由と平等に導くものとしての、経済発展への信頼の表明である。全ての従前の信条は、私的利益の動機を社会的に破壊的な、あるいは少なくとも中立的なものとみなした。彼らの社会秩序は、意図的に、個人の経済活動を、社会的に建設的と考えられる領域と活動への悪影響を最小化するため、狭い範囲に制限した。

経済パフォーマンスの追及において人々を発展させる。

ソース:The Daily Drucker 28 June.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 宅地建物取引業法64条の8第1項の「その取引により生じた債権」への該当性 | トップページ | 「社会的部門」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「経済発展と社会目的」:

« 宅地建物取引業法64条の8第1項の「その取引により生じた債権」への該当性 | トップページ | 「社会的部門」 »