« 「正しい組織に身を置く」 | トップページ | 地方税法11条の8にいう「滞納者の地方団体の徴収金につき滞納処分をしてもなおその徴収すべき額に不足すると認められる場合」の意義 »

2016年6月11日 (土)

「マネジメント教育」

私が求め、長年教えるにあたり私が実践してきたものは、次のとおり。

・すでに成果をだしている人のためのみのマネジメント教育。数年のマネジメント経験のない人のためのマネジメントコースは無駄である。
・民間、官庁そして、非営利目的のセクターからの人々を一緒にしてのマネジメント教育。
・学校においてでも、実際の組織における実際の課題についての、計画された、生徒による体系的作業(医師の病院実習に相当するもの)。
・政府、社会、歴史そして政治プロセスの重視。
・実際の挑戦を知し、マネジメント経験と十分なコンサルティング実績のある教師
・利用できる数字の限界といかに数字を利用するかの理解におけるスキルとともに、真の挑戦である数量化できない分野(特に事業外での数量化できない分野)の強調。

ソース:The Daily Drucker 12 June.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「正しい組織に身を置く」 | トップページ | 地方税法11条の8にいう「滞納者の地方団体の徴収金につき滞納処分をしてもなおその徴収すべき額に不足すると認められる場合」の意義 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マネジメント教育」:

« 「正しい組織に身を置く」 | トップページ | 地方税法11条の8にいう「滞納者の地方団体の徴収金につき滞納処分をしてもなおその徴収すべき額に不足すると認められる場合」の意義 »