« 市街化調整区域における開発に関する工事が完了し検査済証が交付された後の開発許可取消しを求める訴え(適法) | トップページ | 「仕事」 »

2016年6月19日 (日)

「規制が必要な時」

有害な事業的影響の除去を事業機会とすることを試みるべきである。
しかし、多くの場合、影響の除去はコストの増大を意味する。一般大衆が苦しむ「副次的影響」は事業コストとなる。したがって、全事業者が同じルールを受け入れなければ、それは競争的不利となる。そして、ほとんどの場合、それは規制によってのみ行われ得る。

コストの増加なしに影響を除去できない場合、最小のコストでそれを解決し、社会と事業に最大の利益をもたらす規制を考え実現することはマネジメントの義務となる。そして、正しい規制が制定されるようにすることはマネジメントの仕事となる。

ソース:The Daily Drucker 20 June.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 市街化調整区域における開発に関する工事が完了し検査済証が交付された後の開発許可取消しを求める訴え(適法) | トップページ | 「仕事」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「規制が必要な時」:

« 市街化調整区域における開発に関する工事が完了し検査済証が交付された後の開発許可取消しを求める訴え(適法) | トップページ | 「仕事」 »