« 血縁関係になり被控訴人Dに対する被控訴人Cの認知について、Cの父母である控訴人Xらは民法786条の「利害関係人」に当たる | トップページ | 購入した土地付き建売住宅の基礎に重大な瑕疵⇒売主会社、同社の代表取締役、仲介会社の代表取締役の不法行為責任(肯定) »

2016年6月 2日 (木)

「情報ベースの組織における「スコア(楽譜)」」

数百の演奏家とそのCEOである指揮者は、全員が同じスコアを持つため、一緒に演奏できる。病院の全ての専門家は、病気のケアと治療という、共通のミッションをもつ。診断は彼らの「スコア」であり、それはX線室、栄養士、理学療法士、その他の医療チームに特定の行動を指示する。情報ベースの組織は、行動に変換される、明確で、単純で、共通の目標を必要とする。

情報ベースの組織の「プレーヤー」は専門家であり、その仕事のやり方を指示され得ない。指揮者は、フレンチホルンの1つの音符すら思うようにできないが、ホルン奏者のスキルと知識を、演奏者の共同のパフォーマンスに集約させることができる。そして、この集約は、情報ベースのビジネスのリーダーが達成できなくてはならないものである。

情報ベースの事業は、メンバーが自己規律を発揮できるよう、企業と各部分と各専門家のパフォーマンスの期待を明確に伝えるゴール(=スコア)と、結果とパフォーマンス期待とを比較する組織化されたフィードバックを中心として、構築されなくてはならない。

ソース:The Daily Drucker 3 June.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 血縁関係になり被控訴人Dに対する被控訴人Cの認知について、Cの父母である控訴人Xらは民法786条の「利害関係人」に当たる | トップページ | 購入した土地付き建売住宅の基礎に重大な瑕疵⇒売主会社、同社の代表取締役、仲介会社の代表取締役の不法行為責任(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「情報ベースの組織における「スコア(楽譜)」」:

« 血縁関係になり被控訴人Dに対する被控訴人Cの認知について、Cの父母である控訴人Xらは民法786条の「利害関係人」に当たる | トップページ | 購入した土地付き建売住宅の基礎に重大な瑕疵⇒売主会社、同社の代表取締役、仲介会社の代表取締役の不法行為責任(肯定) »