« 「規制が必要な時」 | トップページ | 厚生年金基金からの任意脱退を承認しなかった対応に裁量権の逸脱・濫用はないとされた事例。 »

2016年6月20日 (月)

「仕事」

仕事は、重荷であるとともに必要であり、呪いであるととも祝福である。失業は、経済的貧困のためではなく、自尊心を傷つけるために、精神不安をもたらす。仕事は、人格の拡張であり、達成であり、人が自分を定義し、その価値と人間性を測る、方法の1つである。

失業により自尊心を傷つけさせない。仕事以外に自分を定義する方法があることに気付かせる。

ソース:The Daily Drucker 21 June.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「規制が必要な時」 | トップページ | 厚生年金基金からの任意脱退を承認しなかった対応に裁量権の逸脱・濫用はないとされた事例。 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「仕事」:

« 「規制が必要な時」 | トップページ | 厚生年金基金からの任意脱退を承認しなかった対応に裁量権の逸脱・濫用はないとされた事例。 »