« 特例財団法人の、同一性を失わせる定款変更(有効) | トップページ | 間接強制命令を発するには、債務者の意思のみによって実現できる債務であることが必要⇒面会を拒む意思を強固に形成している10歳の長女との父子面会につき間接強制の申立を否定。 »

2016年6月21日 (火)

「仕事のためのゴールとビジョン」

「音楽家としての人生で、私は完璧に向けて努力したが、それは、常に、私を避けた。私は、もう1度試みなくてはならなかった。」

私はこの言葉を決して忘れなかった。それは、忘れられない感銘を与えた。ヴェルディは、私の年齢(18歳)の時、既に訓練を積んだ音楽家であった。私は、その時までに、綿織物の輸出では成功しそうにないこと以外、自分が何になるのかわからなかった。18歳がそうであり得るように、未熟で、青二才で、純粋だった。15年後、30歳代前半になるまで、私は自分が何に向いていて、どこに属するかが分からなかった。しかし、私は、生涯の仕事が何であれ、ヴェルディの言葉を私の指針にすると決めた。私は、年をとっても、決してあきらめす、続けると決意した。それは常に私を避けるであろうが、完璧に向けて努力する。

ソース:The Daily Drucker 22 June.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 特例財団法人の、同一性を失わせる定款変更(有効) | トップページ | 間接強制命令を発するには、債務者の意思のみによって実現できる債務であることが必要⇒面会を拒む意思を強固に形成している10歳の長女との父子面会につき間接強制の申立を否定。 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「仕事のためのゴールとビジョン」:

« 特例財団法人の、同一性を失わせる定款変更(有効) | トップページ | 間接強制命令を発するには、債務者の意思のみによって実現できる債務であることが必要⇒面会を拒む意思を強固に形成している10歳の長女との父子面会につき間接強制の申立を否定。 »