« 大学の入試委員会の委員長の入試ミスに対する減給1割1か月の懲戒処分(有効) | トップページ | 被告人を留め置いた措置、覚せい剤及び大麻の差押えは違法、鑑定書等の証拠能力は肯定 »

2016年6月 6日 (月)

「突然の不適任」

リソースの最大の浪費は、昇進の失敗である。

なぜ10年あるいは15年間適任であった人達が突然不適任となるのか?それは、人は新たな仕事でも、古い割当てで成功し、昇進につながったことを続けるからである。彼らは、無能になったからではなく、誤ったことをすることにより、不適任となった。

新たな割当てが求めるものは、優れた知識や才能ではない。それは、新たな割当てが求めるもの(新たな挑戦、仕事、課題にとって重要なもの)への集中を求める。

ソース:The Daily Drucker 7 June.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 大学の入試委員会の委員長の入試ミスに対する減給1割1か月の懲戒処分(有効) | トップページ | 被告人を留め置いた措置、覚せい剤及び大麻の差押えは違法、鑑定書等の証拠能力は肯定 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「突然の不適任」:

« 大学の入試委員会の委員長の入試ミスに対する減給1割1か月の懲戒処分(有効) | トップページ | 被告人を留め置いた措置、覚せい剤及び大麻の差押えは違法、鑑定書等の証拠能力は肯定 »