« 「仕事を楽しむ」 | トップページ | 土地の売買後に発見された土壌汚染の一部が隠れた瑕疵⇒瑕疵担保責任に基づく買主の損害賠償請求を一部認容 »

2016年6月26日 (日)

「マネジメントの正当性」

会社を始め、組織社会の制度を、社会と経済、コミュニティ、そして個人のために機能させることは、マネジメントの仕事である。マネジャーの第1の仕事は、組織がそのためにデザインされた使命を実行するようマネジメントすることである。事業マネジャーの第1の仕事は、経済的パフォーマンスである。しかし、同時に、仕事を生産的にし、労働者に達成させ、社会と個人に生活の質を提供する課題に直面する。
リーダーシップはまた、正当性を持たなくてはならず、コミュニティによって「正しい」ものとして受け入れられなくてはならない。「人の強みを生産的にすること」が、組織の目的であり、マネジメントの権威の根拠である。組織は、それを通じて、人が、個人として、そしてコミュニティのメンバーとして、貢献と達成を得る手段である。

ソース:The Daily Drucker 27 June.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「仕事を楽しむ」 | トップページ | 土地の売買後に発見された土壌汚染の一部が隠れた瑕疵⇒瑕疵担保責任に基づく買主の損害賠償請求を一部認容 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マネジメントの正当性」:

« 「仕事を楽しむ」 | トップページ | 土地の売買後に発見された土壌汚染の一部が隠れた瑕疵⇒瑕疵担保責任に基づく買主の損害賠償請求を一部認容 »