« 路線バスが歩行者を轢過した事故について自賠法3条但書の免責肯定事例 | トップページ | 「情報専門家への報い」 »

2016年6月 3日 (金)

「情報責任を負う」

情報の専門家は道具職人である。彼らは我々に布張りの釘を椅子に打つにはどのような道具を使うかを教えることができる。我々は、椅子に布張りをすべきかどうかを決める必要がある。

情報ベースの組織の条件は全ての人が情報責任を負うことである。システムへの鍵は全ての人が「①この組織の誰がいかなる情報について私に依拠するか?」「②私は誰に依拠するか?」について尋ねることである。各人のリストは常に上司と部下を含むが、重要なのは、関係が対等な同僚である。

内科医と外科医と麻酔医の関係は1例である。しかし、生化学者、薬理士、臨床テストを担当する医師及び製薬会社でのマーケティング専門家の関係も異ならない。各当事者に、十分な情報責任を負うことを要求する。

ソース:The Daily Drucker 4 June.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 路線バスが歩行者を轢過した事故について自賠法3条但書の免責肯定事例 | トップページ | 「情報専門家への報い」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「情報責任を負う」:

« 路線バスが歩行者を轢過した事故について自賠法3条但書の免責肯定事例 | トップページ | 「情報専門家への報い」 »