« 一般産婦人科病院の当直医師の、超低出生体重児に対する、気管挿管の上で陽圧人口換気をすべき義務(否定) | トップページ | 事故により死亡した者の遺影を撮影し報道した行為の適法性 »

2016年6月14日 (火)

「年金ファンド規制」

先進国における45歳より上のほとんどの人々にとって、年金ファンドにおける利益は彼らの最大の資産の1つである。19世紀を通じて、一般の人の最大の金融的ニーズは、早く死亡した場合に家族を守る生命保険であった。平均余命は19世紀のほとんど倍になり、今日の一般の人々の最大のニーズは、長く生き過ぎる脅威に対する保護である。19世紀の「生命保険」は「死亡保険」であった。年金ファンドは「老齢」保険である。それは、ほとんどの人が労働期間を超えて何年も生きる社会での必須の制度である。

年金ファンド規制と不正利得からのその保護は、今後の政策立案者と立法者にとって難題である。おそらく、いくつかの卑劣なスキャンダルの後にのみそれは対応される。

ソース:The Daily Drucker 15 June.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 一般産婦人科病院の当直医師の、超低出生体重児に対する、気管挿管の上で陽圧人口換気をすべき義務(否定) | トップページ | 事故により死亡した者の遺影を撮影し報道した行為の適法性 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「年金ファンド規制」:

« 一般産婦人科病院の当直医師の、超低出生体重児に対する、気管挿管の上で陽圧人口換気をすべき義務(否定) | トップページ | 事故により死亡した者の遺影を撮影し報道した行為の適法性 »