« 差止請求が過大な請求とされ、また特許法102条3項の「その他特許発明の実施に対し受けるべき金銭の額に相当する額」 | トップページ | 「事業監査」 »

2016年6月16日 (木)

「年金ファンド社会主義のテスト」

私たちはこの国において、資本形成は、その消費が勤労者の「仮の貯蓄(pseudo-savings)」から融通されなくてはならない年配の退職者の増加から生じる年金コストの上昇による実際の「マイナス貯蓄(dissaving)」との差引きにより増加し得るという過程について、ほどんど考えてこなかった。確かなものとして言えることは、資本形成への障害とペナルティは、年金ファンド社会主義(そして多くの高齢者が退職によりサポートされなくてはならない社会)がほとんど許容できない贅沢である。必然的に、消費より資本形成が、これからの国内経済政策の中心的な問題となり、米国の年金ファンド社会主義の経済的存続力のテストとなる。

ソース:The Daily Drucker 17 June.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 差止請求が過大な請求とされ、また特許法102条3項の「その他特許発明の実施に対し受けるべき金銭の額に相当する額」 | トップページ | 「事業監査」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「年金ファンド社会主義のテスト」:

« 差止請求が過大な請求とされ、また特許法102条3項の「その他特許発明の実施に対し受けるべき金銭の額に相当する額」 | トップページ | 「事業監査」 »