« 5名殺害、住居2棟放火⇒完全責任能力肯定で、死刑判決の事例。 | トップページ | 「自分自身を管理する」 »

2016年5月30日 (月)

「ポスト経済理論」

明日の経済学は次の質問に答えないといけない。「いかに私たちは事業経営の方法を結果に結びつけるか?」「結果は何か?」
「利益」という伝統的な答えはあてにならない。利益哲学(bottom-line philosophy)の下では、我々は、短期を長期に結びつけることができないが、2つのバランスはマネジメントの決定的なテストである。

①生産性と②イノベーションの標識が我々の指針であるべきである。
生産性を落としあるいはイノベーションなしに利益を達成する場合、それは利益ではない。他方で、鍵となるリソースの生産性や革新的立ち位置を改善し続けている場合、我々は収益的となりつつある。

仕事に適用される「知識」を富の源泉と見るにあたって、私達はまた、経済組織の機能も見る。私たちは、初めて、経済を人の規律とし、人の価値と結びつけるアプローチ(=ビジネスパーソンに彼女が正しい方向に向かっているか、その結果が現実か幻想かの基準を提供する理論)を持つ。私たちは、冨の産出について知り理解することに基礎を置く、ポスト経済理論の入口にいる。

ソース:The Daily Drucker 31 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 5名殺害、住居2棟放火⇒完全責任能力肯定で、死刑判決の事例。 | トップページ | 「自分自身を管理する」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ポスト経済理論」:

« 5名殺害、住居2棟放火⇒完全責任能力肯定で、死刑判決の事例。 | トップページ | 「自分自身を管理する」 »