« 公正証書遺言が錯誤により無効とされた事例 | トップページ | 「知識労働の細分化」 »

2016年5月12日 (木)

「保護主義」

富と仕事の創造者としての製造の衰退は新たな保護主義をもたらす。激動の時期への最初の反応は自分の庭を守る壁を作ろうとすることである。しかし、そのような壁は、世界基準に達しない組織(とりわけ事業)を守らず、より脆弱にする。

好例が、1929年からの50年間、国内経済を外界から独立させる計画的政策をとったメキシコである。外国との競争を排除するため、保護主義の高い壁を構築しただけでなく、国内企業に事実上輸出を禁じたが、この試みは、惨憺たる失敗となった。メキシコは、実際には、食物と製造製品の双方において、より一層外国からの輸入に依存した。必要な輸入品への支払が出来なくなったことから、ついには、外国に開かざるを得なかった。そして、メキシコの産業の多くは生き残ることができなかった。

ソース:The Daily Drucker 13 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 公正証書遺言が錯誤により無効とされた事例 | トップページ | 「知識労働の細分化」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「保護主義」:

« 公正証書遺言が錯誤により無効とされた事例 | トップページ | 「知識労働の細分化」 »