« 遺言者が自筆証書である遺言書の文面全体に故意に斜線をひく⇒民法1024条前段所定の「故意に遺言書を破棄したとき」に該当し遺言を撤回したものとみなされた事例 | トップページ | 弁護士兼法務大臣の名誉毀損につき、損害賠償に加え謝罪広告掲載を認容した事例 »

2016年5月18日 (水)

「リソースとしての人」

人々は同僚であり、最も重要なリソース。労働者へのかかる尊重を通してのみ、真の生産性が達成される。

理解あるマネジャーは望む目的に向けて人をマネジメントすることで何が実現され得るかを理解することから始める。マネジメントは、事業と同様に、他の多くの側面においても、人々とその生活に影響する。

ソース:The Daily Drucker 19 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 遺言者が自筆証書である遺言書の文面全体に故意に斜線をひく⇒民法1024条前段所定の「故意に遺言書を破棄したとき」に該当し遺言を撤回したものとみなされた事例 | トップページ | 弁護士兼法務大臣の名誉毀損につき、損害賠償に加え謝罪広告掲載を認容した事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「リソースとしての人」:

« 遺言者が自筆証書である遺言書の文面全体に故意に斜線をひく⇒民法1024条前段所定の「故意に遺言書を破棄したとき」に該当し遺言を撤回したものとみなされた事例 | トップページ | 弁護士兼法務大臣の名誉毀損につき、損害賠償に加え謝罪広告掲載を認容した事例 »