« 「知識労働者のマネジメント」 | トップページ | 「グローバル競争」 »

2016年5月 1日 (日)

「ネットワーク社会」

ネットワーク社会への移行。
①組織と人との関係:組織のために働く人は、契約者、パートタイマー、臨時雇い等、従業員でなくなる。
②組織間の関係:ある活動全体を専門化した独立の会社に委譲する「アウトソーシング」。
③アライアンス(協力)の傾向。専門家と幹部は、自らをその立場に置く責任がある。自らの強みを知り、(自らを)販売される「製品」と見なさなくてはならない。

ソース:The Daily Drucker 2 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「知識労働者のマネジメント」 | トップページ | 「グローバル競争」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ネットワーク社会」:

« 「知識労働者のマネジメント」 | トップページ | 「グローバル競争」 »