« 偽装株主によって選任された代表取締役によって訴訟の追行を委任された弁護士の弁護士報酬の不当利得返還義務(肯定) | トップページ | 「サービスワーカーの生産性を上げる」 »

2016年5月20日 (金)

「サービスワークの生産性」

サービスワークの生産性向上は、先進国で社会的な優先事項である。それが達成されないと、社会的緊張の増大、分極化や急進性に直面し、新たな階級戦争に直面し得る。サービスワークの生産性が急速に改善されない限り、大きな階級(物を作って動かす人々の大きさはピークにある)の社会的・経済的地位は着実に下降する。
実際の収入は、生産性より高くなり得ない⇒(限られた)パイの取り合いになる。

サービスワークは生産作業であり、過去100年間に生産性増大について学んだことは、最小の調整で、その仕事に適用できる。課題は知られ実行可能であるが、緊急を要する。サービスワークの生産性の向上は、知識社会におけるマネジメントの第1の社会的責任である。

ソース:The Daily Drucker 21 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 偽装株主によって選任された代表取締役によって訴訟の追行を委任された弁護士の弁護士報酬の不当利得返還義務(肯定) | トップページ | 「サービスワーカーの生産性を上げる」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「サービスワークの生産性」:

« 偽装株主によって選任された代表取締役によって訴訟の追行を委任された弁護士の弁護士報酬の不当利得返還義務(肯定) | トップページ | 「サービスワーカーの生産性を上げる」 »