« 債権管理回収業に関する特別措置法違反(無許可営業罪)の事案。 | トップページ | 「連合としての会社」 »

2016年5月15日 (日)

「非伝統的従業員を管理する」

労働者は早期に退職するが、仕事を止めない。⇒フリーランス、パートタイム又は臨時雇い、または請負業者のため、あるいは自身が請負業者として働く。

これらの多様なグループを引きつけ保有することは、新しい会社での人のマネジメントの中心的な仕事となる。これらの人々は事業と永続的な関係をもたず、管理される必要はないが、生産的なものとされなくてはならない。その専門知識が最大の貢献をする場所に配置されなくてはならない。

マネジャーは、これらの非伝統的労働者の専門的開発、モチベーション、満足、生産性について、契約相手と、緊密に働く必要がある。

ソース:The Daily Drucker 16 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 債権管理回収業に関する特別措置法違反(無許可営業罪)の事案。 | トップページ | 「連合としての会社」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「非伝統的従業員を管理する」:

« 債権管理回収業に関する特別措置法違反(無許可営業罪)の事案。 | トップページ | 「連合としての会社」 »