« 「知識社会における成功の価格」 | トップページ | 「政府の病」 »

2016年5月 8日 (日)

「知識社会の中心」

かつて、5年か7年の徒弟制度の後に手仕事を学んだ熟練工は、18歳か19歳までに、生涯で使う必要がある全てを学んだ。今日、新たな仕事は、相当量の正規の教育と論理的/分析的知識の獲得/応用能力を必要とする。仕事への異なるアプローチと異なる考え方を必要とする。とりわけ、継続的な学びの習慣を必要とする。

全ての人にとって、いかなる知識の組み合わせが必要か?学びと教えにおける「質」は何か?それらは、必然的に、知識社会の中心的な関心/政治課題となる。

教育は知識社会の中心となり、学校は鍵となる制度となる。 そして、学びを一生の習慣とする。

ソース:The Daily Drucker 9 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「知識社会における成功の価格」 | トップページ | 「政府の病」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「知識社会の中心」:

« 「知識社会における成功の価格」 | トップページ | 「政府の病」 »