« 「保護主義」 | トップページ | 連帯保証人である代表者の支払が、主債務者である会社の債務を承認したものとはいえない⇒他の連帯保証人は主債務者についての消滅時効を援用(肯定) »

2016年5月13日 (金)

「知識労働の細分化」

知識労働は専門化され、細分化する。これらの専門を有効に管理することは、知識ベースの組織にとって、大きな挑戦である。例えば、病院は、高度に専門化した知識労働者を管理し、配置し、満足させるため、PEOs(専門的雇用者組織)と人材派遣会社にアウトソーシングできる。これは、マネジメントの仕事の一部をアウトソースすることになる。近代の病院は知識作業の細分化とその結果としてのPEOや人材派遣会社へのアウトソーシングにより生み出された複雑なマネジメントの例を提供する。

275から300のベッドがあるそれなりの大きさの地域病院でさえ、およそ3000人が働き、その約半分はなんらかの種類の知識労働者である。2つのグループ・・看護師と事業部門の専門家・・はかなり大きく、それぞれ数百人いる。しかし、理学療法士と臨床ラボの人々、精神科のケースワーカー、腫瘍学の技術者、手術患者の準備を整える2ダースの人々、睡眠科の人々、超音波診断技術者、心臓科の技術者、その他の約30の「医療補助専門家」がいる。全てのこれらの専門家の管理が、近代の病院を最も複雑な組織とする。

ソース:The Daily Drucker 14 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「保護主義」 | トップページ | 連帯保証人である代表者の支払が、主債務者である会社の債務を承認したものとはいえない⇒他の連帯保証人は主債務者についての消滅時効を援用(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「知識労働の細分化」:

« 「保護主義」 | トップページ | 連帯保証人である代表者の支払が、主債務者である会社の債務を承認したものとはいえない⇒他の連帯保証人は主債務者についての消滅時効を援用(肯定) »