« 「知識労働の質の定義」 | トップページ | 「知識労働における継続的学び」 »

2016年5月26日 (木)

「マネジメント:実践」

マネジメントの原則は、自然法則のように絶対的なものではない。それは人が作ったものであり、良くて実践的なものにすぎない。

私は、基本的価値、特に人間的な価値が存在すると信じるが、「正しい1つの答え」があるとは信じない。高い確率で間違った答えはあるが、マネジメントや他の社会的規律での方法のテストは、正しいか間違っているかではなく、機能するかどうかである。
マネジメントは、臨床的な分野である。医学におけるように、テストはその治療が「科学的」かどうかではなく、患者が回復するかどうかである。

ソース:The Daily Drucker 27 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「知識労働の質の定義」 | トップページ | 「知識労働における継続的学び」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マネジメント:実践」:

« 「知識労働の質の定義」 | トップページ | 「知識労働における継続的学び」 »