« 「知識はスキルを排除しない」 | トップページ | 「知識社会における成功の価格」 »

2016年5月 6日 (金)

「知識社会と組織社会」

ポスト資本主義社会は、①知識社会であるとともに②組織社会である。
専門知識はそれ自体何も生み出さず、仕事に統合されて初めて生産的となり得る⇒①知識社会は②組織社会でもある。組織の目的と機能は、専門知識の仕事への統合であり、知識労働者の専門知識をパフォーマンスに転換できるのは組織。

知識人は、組織を道具と見る。組織は、その技術や専門知識の実践を可能にする。
マネジャーは、知識を組織のパフォーマンスに向けた手段とみる。
2つが相互にバランスする時、創造と秩序、達成と使命が存在し得る。

ソース:The Daily Drucker 7 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「知識はスキルを排除しない」 | トップページ | 「知識社会における成功の価格」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「知識社会と組織社会」:

« 「知識はスキルを排除しない」 | トップページ | 「知識社会における成功の価格」 »