« アニメーション作品の原画の作監業務の請負契約と請負人の債務不履行(否定) | トップページ | 公正証書遺言が錯誤により無効とされた事例 »

2016年5月11日 (水)

「製造パラドックス」

①製造業人口の減少と、②(「リーン生産方式」といった新たなコンセプトによる)生産高の向上。
製造の衰退⇒新たな保護主義(かつて農業で起こったことを繰り返す)。

農家の有権者減少⇒「有権者の票」はより重要に⇒(全ての豊かな国で)農家は不釣り合いな影響力を持つ特別利益集団に。

ソース:The Daily Drucker 12 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« アニメーション作品の原画の作監業務の請負契約と請負人の債務不履行(否定) | トップページ | 公正証書遺言が錯誤により無効とされた事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「製造パラドックス」:

« アニメーション作品の原画の作監業務の請負契約と請負人の債務不履行(否定) | トップページ | 公正証書遺言が錯誤により無効とされた事例 »