« 弁護士兼法務大臣の名誉毀損につき、損害賠償に加え謝罪広告掲載を認容した事例 | トップページ | 偽装株主によって選任された代表取締役によって訴訟の追行を委任された弁護士の弁護士報酬の不当利得返還義務(肯定) »

2016年5月19日 (木)

「肉体労働を生産的にする」

肉体労働についてのテイラーの原則:
①仕事を見て、その要素となる動作を分析。各動作と、そのための身体活動と時間を記録。
②不要な動作を除去。
③必要なものとして残る各動作を、最も単純な方法、容易な方法、作業者への肉体的・精神的負荷が最も小さい方法、最も時間を必要としない方法で組み立てる。
④これらの動作を論理的順序で「仕事」に統合。
⑤動作に必要な道具を設計し直す。

知識労働も、肉体的作業を含み、これらの作業(肉体的作業)の生産性はまた、テイラーの方法論を実践する生産工学を必要とする。

ソース:The Daily Drucker 20 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 弁護士兼法務大臣の名誉毀損につき、損害賠償に加え謝罪広告掲載を認容した事例 | トップページ | 偽装株主によって選任された代表取締役によって訴訟の追行を委任された弁護士の弁護士報酬の不当利得返還義務(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「肉体労働を生産的にする」:

« 弁護士兼法務大臣の名誉毀損につき、損害賠償に加え謝罪広告掲載を認容した事例 | トップページ | 偽装株主によって選任された代表取締役によって訴訟の追行を委任された弁護士の弁護士報酬の不当利得返還義務(肯定) »