« 保証人が主たる債務者に対して取得した求償権の消滅時効の中断事由の存在と共同保証人間の求償権の消滅時効中断(否定) | トップページ | 「リーダーの4つの適性」 »

2016年4月11日 (月)

「偽者対真のリーダー」

チャーチルは真のリーダーであった。
1940年のその出現は、人々が祈り願ってきた、基本的モラルと政治的価値の再言明であった。

自分の現実に立ち向かう。いかなる脅威を避けてきたか。これらの問題を解決するため今日計画する。

ソース:The Daily Drucker 12 April.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 保証人が主たる債務者に対して取得した求償権の消滅時効の中断事由の存在と共同保証人間の求償権の消滅時効中断(否定) | トップページ | 「リーダーの4つの適性」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「偽者対真のリーダー」:

« 保証人が主たる債務者に対して取得した求償権の消滅時効の中断事由の存在と共同保証人間の求償権の消滅時効中断(否定) | トップページ | 「リーダーの4つの適性」 »