« 国立高専准教授の訓告等に関する独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律13条1項に基づく 保有個人情報の開示請求につき不開示の処分の一部取消(一部肯定) | トップページ | 刑務所長が、服役中の受刑者と被収容者支援団体関係者との信書の発受を禁止する処分が、違法として取り消された事例。 »

2016年4月18日 (月)

「配置の失敗」

(人の)配置失敗の場合のエグゼクティブの5つのルール

①配置失敗の責任を受け入れる。
②実行しない者を取り除く。
③仕事を実行しないことは、その人が悪い労働者であることを意味しない。間違った仕事についたことを意味する。
④人についての正しい判断をするよう努める。組織は、労働者の能力の範囲でのみパフォーマンスできる。
⑤新人は期待が明らかで助けが利用できる確立された立場につかせる。新たな重要な割当ては行動や癖が知られ、信頼を得ている人を当てる。

ソース:The Daily Drucker 19 April.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 国立高専准教授の訓告等に関する独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律13条1項に基づく 保有個人情報の開示請求につき不開示の処分の一部取消(一部肯定) | トップページ | 刑務所長が、服役中の受刑者と被収容者支援団体関係者との信書の発受を禁止する処分が、違法として取り消された事例。 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「配置の失敗」:

« 国立高専准教授の訓告等に関する独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律13条1項に基づく 保有個人情報の開示請求につき不開示の処分の一部取消(一部肯定) | トップページ | 刑務所長が、服役中の受刑者と被収容者支援団体関係者との信書の発受を禁止する処分が、違法として取り消された事例。 »