« 賃料減額請求を一部認容とするととも適正賃料と既払賃料との差額の返還等を認めた事例 | トップページ | 「事業倫理とは何か?」 »

2016年4月25日 (月)

「企業の欲と腐敗」

好況はペテン師をトップにする。繁栄に加え、金融奪取者を生む。

エグゼクティブは会社に大きな金融上の利害関係を持つべきというのは馬鹿げた信念であり、ストックオプションはミスマネジメントへの開かれた誘いである。

ソース:The Daily Drucker 26 April.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 賃料減額請求を一部認容とするととも適正賃料と既払賃料との差額の返還等を認めた事例 | トップページ | 「事業倫理とは何か?」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「企業の欲と腐敗」:

« 賃料減額請求を一部認容とするととも適正賃料と既払賃料との差額の返還等を認めた事例 | トップページ | 「事業倫理とは何か?」 »