« 家電量販店で万引きをした被告人に対し、行為時にNCSE(非けいれん性てんかん重積)による意識障害の状態(分別もうろう状態)にあった可能性が高い⇒心神喪失(肯定) | トップページ | 「ネットワーク社会」 »

2016年4月30日 (土)

「知識労働者のマネジメント」

新しい経済と技術においてリーダーシップを維持する鍵は、知識専門家の社会的地位とその価値の社会的受入れにある。今日「資本」が鍵となるリソースで「資本家」がボスであるという伝統的な思考様式を維持しながら、ボーナスとストックオプションで知識労働者つなぎとめようとしているが、それは、機能するとしても、インターネット企業のような新興の産業が資本市場ブームを享受する限りでのみ機能する。

知識労働者のマネジメントは「マーケティングの仕事」である。マーケティングでは「我々は何を求めるか?」という質問から始めない。「相手が何を求めるか?」「その価値は何か?」「そのゴールは何か?」「それは何を結果と考えるか?」から始める。知識労働者の動機付けはボランティアの動機付けと同じである。彼らは、仕事からより満足を得なくてはならず、挑戦を必要とする。

ソース:The Daily Drucker 1 May.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 家電量販店で万引きをした被告人に対し、行為時にNCSE(非けいれん性てんかん重積)による意識障害の状態(分別もうろう状態)にあった可能性が高い⇒心神喪失(肯定) | トップページ | 「ネットワーク社会」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「知識労働者のマネジメント」:

« 家電量販店で万引きをした被告人に対し、行為時にNCSE(非けいれん性てんかん重積)による意識障害の状態(分別もうろう状態)にあった可能性が高い⇒心神喪失(肯定) | トップページ | 「ネットワーク社会」 »