« ジョイントベンチャー代表者の原価管理義務違反(否定) | トップページ | 行政書士による遺産分割事件の受任と報酬の受領が不法行為とされた事例 »

2016年4月 1日 (金)

「責任ある労働者」

全ての人が自身を「マネジャー」と考え、管理的責任(自身の仕事とワークグループの責任、組織全体のパフォーマンスへの貢献の責任、ワークコミュニティの社会的役割についての責任)を引き受ける組織にする。
責任は、外部的には、外部の人への特定のパフォーマンスについての責任であり、内部的にはコミットメント。
責任ある労働者は、特定の結果に責任があるだけでなく、それに必要な権限を持ち、最終的に個人的な達成として、これらの結果に献身する。

ソース:The Daily Drucker 2 April.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« ジョイントベンチャー代表者の原価管理義務違反(否定) | トップページ | 行政書士による遺産分割事件の受任と報酬の受領が不法行為とされた事例 »

クルーグマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「責任ある労働者」:

« ジョイントベンチャー代表者の原価管理義務違反(否定) | トップページ | 行政書士による遺産分割事件の受任と報酬の受領が不法行為とされた事例 »