« 刑務所長が、服役中の受刑者と被収容者支援団体関係者との信書の発受を禁止する処分が、違法として取り消された事例。 | トップページ | 親権者を母から抗告人(父)に変更した事例 »

2016年4月19日 (火)

「承継の判断」

トップ承継の判断は、ギャンブルであり、最も難しい。トップにおけるパフォーマンスの唯一のテストはトップのポジションでのパフォーマンスであり、そのための準備は非常に少ない。

すべきでないこと:
①トップのコピーを選ばない。コピーは常に弱い。
②長年トップのアシスタントであった者を選ばない。決断する意欲と能力がある人は長くはアシスタントの役割にない。
③神聖なプリンスも外す。パフォーマンスが重要で評価され、間違え得る立場に置かれることを避けてきた人である。それは、パフォーマンスではなく、メディアイベントにすぎない。

積極的な方法:
組織での次の5年間の課題を見、人々とそのパフォーマンスを見、パフォーマンスと必要性を合わせる。

ソース:The Daily Drucker 20 April.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 刑務所長が、服役中の受刑者と被収容者支援団体関係者との信書の発受を禁止する処分が、違法として取り消された事例。 | トップページ | 親権者を母から抗告人(父)に変更した事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「承継の判断」:

« 刑務所長が、服役中の受刑者と被収容者支援団体関係者との信書の発受を禁止する処分が、違法として取り消された事例。 | トップページ | 親権者を母から抗告人(父)に変更した事例 »