« 親権者を母から抗告人(父)に変更した事例 | トップページ | マンションの滞納管理費等につき居室の特定承継人である区分所有者の消滅時効の援用と信義則違反(肯定) »

2016年4月20日 (水)

「人の決断についてのスローン」

「人についての決断に何故多くの時間をかけるのか」という若きドラッカーの質問に対するスローン(GMのトップ)の言葉:

①人についての決断は唯一の真に重要ものである。会社ができることは、人を正しく配置することであり、そうすれば、会社はパフォーマンスを得る。
②人を正しく配置するすることに4時間かけなければ、その誤りの後始末に400時間かけることになる。

ソース:The Daily Drucker 21 April.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 親権者を母から抗告人(父)に変更した事例 | トップページ | マンションの滞納管理費等につき居室の特定承継人である区分所有者の消滅時効の援用と信義則違反(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「人の決断についてのスローン」:

« 親権者を母から抗告人(父)に変更した事例 | トップページ | マンションの滞納管理費等につき居室の特定承継人である区分所有者の消滅時効の援用と信義則違反(肯定) »